未来を輝くものにできる中古マンション投資を始めよう

副収入を得るという考え

マンション

欲張るよりも安定性

投資をするからにはできるだけ収入を大きくしたいと考えるのはもっともですが、欲張らずに安定した副収入を得られるようにするという考え方もできるでしょう。家賃保証の基本的な使い方として覚えておきたいのは、高い収入を求めるよりも安定志向の人に向いているものだということです。家賃保証を受けるようにすると空室があっても契約で定められた割合の収入を保証してもらうことができます。その代わりに毎月保証料を支払うという仕組みになっているのが家賃保証です。このため、満室を維持できる場合には家賃保証を利用すると保証料分だけ収入が減ることになります。しかし、空室が増えれば増えるほど家賃による収入は減ってしまうことになるため、ともすると赤字になってしまうことすらあるでしょう。家賃保証に入って保証料を支払っているだけでそのリスクをなくすことができます。空室の場合にも通常の家賃の全額を手に入れられるわけではありませんが、副収入だから金額の大きさはあまり問わないという視点で気長に投資を行っていこうという人にとっては安心感が生まれるでしょう。本気で不動産投資をして稼ぐというときには保証料がかかることから家賃保証を利用しない方が良いかもしれません。しかし、賃貸経営に慣れていないと空室対策に失敗して大損をするということもよくあります。その点を考慮して予め加入しておくのも賢い考え方でしょう。満室にすればそれだけ利益が増えることは同じだからです。