未来を輝くものにできる中古マンション投資を始めよう

一定の賃金収入を得る

レディ

家賃相場を考える

収益物件とは一定の賃金収入のある不動産のことで、例えば一棟マンションやアパート、賃貸マンションやテナントビルといったものを指します。近年では資産運用の一環で不動産投資の需要が高まっていますが、投資した不動産から収益を得ることを目的とした物件が収益物件となります。西日本で最も栄える大阪では人口が多く、工業や商業が活発なため、収益物件での利益が得やすい地域と言えます。大阪で不動産投資をして資産運用を始めるには、まず利回りを考えなくてはいけません。利回りとは収益物件を購入した金額に対して、どれだけ家賃収入が入ってくるかの計算によるものです。家賃を安くしすぎたり、購入した物件があまりにも高すぎると採算が合わなくなり、利回りがマイナスになってしまうこともあります。かといって家賃を高くすると、人が入らずに家賃収入が見込めなくなるので、それらのバランスを考えて決めなくてはいけません。基本的に大阪では地価が高く、物件の値段が高くなる傾向にあるため、家賃相場を決めるのも難しくなるものです。収益物件の条件にもよりますが、商業施設など周囲の環境や築年数、間取りといったものから相場が決められます。付加価値があれば家賃を高くすることも可能なので、例えば退去後にリフォームして内装を綺麗にしたり、家電などを置いて入居しやすくするなどすれば、入居者も納得してくれるようになります。大阪はひとり暮らしの人が多いので、収益物件で数を増やす際は、ワンルームマンションを検討してみると良いかもしれません。